原画

現代屈指の人気アニメーターでキャラクターデザイナーである江端里沙さんによる原画です。モデルである上坂すみれさんや彫師である関岡裕介氏との綿密な打ち合わせに基き、その感性と浮世絵の技法を最大限生かした、アニメーターならではの躍動感溢れる生き生きとした原画です。
原画:江端 里沙(えばた りさ)
 1978年生まれ。高校卒業後の1996年にPCゲームの動画でアニメーターデビュー。以降アニメの原画や小説の挿絵などのイラスト制作で頭角を現し、2008年に放映されたTVアニメ「マクロスFrontier」ではキャラクターデザイン、作画監督として多大なる評価を受ける。
 その他の主な代表作としてはTVアニメ「PRISM ARK」「AKB0048」(いずれもキャラクターデザイン、原画)など。
 現株式会社サテライト所属。

モデル:上坂 すみれ(うえさか すみれ)
 ソビエト連邦が崩壊し、ロシア連邦が成立した年――1991年に神奈川県で生を受ける。
2012年1月に本格的に声優デビュー。TVアニメ「中二病でも恋がしたい!」「艦隊これくしょん -艦これ-」などのヒット作に出演。
 アーティストとしては、2013年4月期放送のTVアニメ「波打際のむろみさん」主題歌「七つの海よりキミの海」でデビュー。2014年1月には1stアルバム「革命的ブロードウェイ主義者同盟」を発売し、オリコン週間ランキング9位を獲得。2016年12月には初の両国国技館ライブを開催。
上坂すみれ さん
からのコメント
まさか自分が浮世絵になるなんて思ってもみませんでした…!
江端さんのデザインがとにかく美麗で、そしてポップで、今までにない新しい浮世絵の魅力が感じられますね。この作品を通して、日本文化の良さが世界にさらに広まってくれたらと願っています!

彫り

荒川区登録無形文化財である関岡扇令氏による版木を彫る作業です。江端里沙さんによる繊細なタッチを余すところなく彫刻刀で捉え、一色ごとに版木を使い熟練した職人技で彫り上げます。
彫師:関岡 裕介(せきおか ゆうすけ)
 昭和32年、木版画摺師の元区指定無形文化財保持者・関岡功夫氏(号:扇令)の子息として日暮里に生まれる。
 高校卒業後に父の勧めで彫師を志し、江戸時代から代々続く木版画彫師の四代目大倉半兵衛氏に師事。7年間の修業を経て現在地に独立した。
 平成元年からはアダチ版画研究所に勤め、5年後、改めて関岡彫裕木版画工房を設立。平成25年に摺師であった祖父と父の号「扇令」を三代目として襲名し、工房名も関岡扇令工房と改める。
 平成25年度荒川区登録無形文化財保持者に認定。

摺り

荒川区登録無形文化財である松崎啓三郎氏により、版木の絵を和紙に写す作業です。簡単な色指定から絶妙な具合で絵の具を調合し、十数版に及ぶ摺り重ねをしながら僅かな色ずれも許さない匠の技で1枚1色ごとに摺り上げていきます。
摺師:松崎 啓三郎(まつざき けいざぶろう)
 昭和12年生まれ。
 昭和27年、台東区元浅草で高木蟹泡堂を経営している高木省治氏に師事し、4年間の修業の後現在地で独立し、松崎大包堂を開設する。摺師の系譜では村松三井系の流れを汲む。
 浮世絵や近代以降の絵画などに留まらず、菓子箱の上紙・郵便記念切手の包紙など幅広く手掛ける。後継者に、子息の浩繁氏がいる。
 昭和63年に荒川区登録無形文化財保持者、平成23年には荒川区指定無形文化財保持者に認定される。
 平成26年度・春の叙勲で瑞宝単光章受章。

用紙

国指定重要無形文化財(人間国宝)に認定されている9代目岩野市兵衛氏により漉かれた「岩野市兵衛 生漉奉書紙」を使用しています。幾度となく繰り返される摺り重ねにも耐える強さとしなやかさを兼ね備えた和紙の美しさをご堪能ください。
和紙:岩野 市兵衛(いわの いちべえ)
 人間国宝であった先代の八代岩野市兵衛氏より手漉き和紙の技法を受け継ぎ、越前生漉奉書(国産楮(こうぞ)のみを使用した、福井県・旧越前地方で作られる和紙)一筋に製造する。
 昭和53年に九代岩野市兵衛を襲名。平成12年に国指定重要無形文化財(人間国宝)に指定される。
 伝統的な越前和紙の技法を用いて作られたしなやかで強度のある和紙は愛好者も多く、版画紙として多くの版画作家に用いられている。

© 2017 浮世絵文化製作委員会[特定商取引法表示]