※ イラストは原画です   

「当代声優美人図 上坂すみれ」は、人気声優上坂すみれさんをモデルに、日本を代表するアニメーター江端里沙さんが原画を担当する浮世絵木版画の制作プロジェクトです。

メディア環境のデジタル化が進む現在、コンテンツはクラウドでいつでも手に入るようになりました。しかし記録媒体はすぐにレガシー化し、PCやスマートフォンは何年も経てば壊れてしまう。そんな中で、自分が何かを、そして誰かを好きだった記憶は、データの海の中でぼんやりしてしまっているのではないでしょうか。

こうした儚い記憶を普遍的なものに換え、残せないだろうか。このプロジェクトはそんな思いから立ち上げられています。そのためにはデジタルデータでなく、また最新の印刷技術でなく、私たちの記憶より彼方の昔からあり今も生き続ける「浮世絵」に取り組むのがふさわしいと考えました。

それは同時に、江戸時代の文化を現代に浮かび上がらせる試みでもあります。


浮世絵の「浮世」とは「当世風」を指しますが、現在において描かれる浮世絵は、江戸時代にあったもののパロディではなく、今の想像力を伝統において開花させたものであるべきです。そこで今回はアニメの想像力を活かそうと考えました。複数に重ねられたレイヤーで画を作るアニメの技法は、色の一つ一つを版として摺る浮世絵木版画との親和性が高いためです。

今回絵師として作画をお願いしたアニメーター江端里沙さんの美麗なグラフィックは浮世絵のジャンル「美人画」の系譜に繋がる品質をもち、躍動感溢れるタッチには現代性があって、現代から江戸を見通す視点を示します。

またモデルである上坂すみれさんのロシア趣味といった感性は、江戸時代の人々から見ればユニークなものかもしれません。しかし彼女は確かにその時代から続く日本女性の連なりの中にいて、そうした彼女への関心が江戸から現代を見通す視点をもたらします。

そして江戸時代からの歴史を背負った彫師さんや摺師さん達の匠の技、人の手の力が、こうした視点の間に道を作り、250年余の時を繋いでくれることでしょう。


お待たせしました。いよいよ、商品が完成しました。

浮世絵ももちろんですが、退色などを徹底的に防止した額装、小冊子も予算超過になりましたが、優れた装丁とデザイン、存分なページ数で、絵を見るだけでない、この作品の世界を存分に楽しんでいただける出来になったと自負しています。

また、木村智哉さん撮影による撮り下ろし写真は衣装も素晴らしい出来で、フォトグラフの側面からも、江戸と現在を繋ぐことが出来たと思っています。


企画から一年余り。江戸から続き、また二十一世紀のいまの技術も惜しみなく投入することで、二百年余の時代を炙り出せる最高の作品に仕上げることが出来ました。

少ない枚数ではありますが、我々の試みを、ぜひお手にとって体験して頂ければ幸いです。


浮世絵の世界へ、ようこそ。

浮世絵文化製作委員会
プロデューサー 宇野公章

浮世絵文化製作委員会
産経新聞社
株式会社榛原
株式会社博報堂
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
合同会社HEXABLOCK
製作協力
株式会社サテライト
スペースクラフト・エンタテインメント株式会社
YES株式会社

© 2017 浮世絵文化製作委員会[特定商取引法表示]